不動産会社を利用するときに覚えておくべき流れとは

省エネポイントとは

定められた省エネ効果のある物件に対してポイントを普及するというのが住宅エコポイントの制度です。現在では省エネ住宅エコポイントという名称で行われており、以前より対象範囲が広がっています。

» 詳細を確認する

物件の売却

不動産を売却したいという場合は多くあるでしょう。しかしながら売却を行う不動産の種類によっては売却が中々難しいという場合もあります。例えば特殊な物件やメンテナンスが悪い物件などがコレに当たります。

» 詳細を確認する

住宅エコポイント活用

今回の改正のポイントについて。

住宅エコポイントは、制度の改正が行われ、省エネ住宅ポイントとして、平成27年3月10日から受付が始まっています。 従来の住宅エコポイントですと、被災地以外では、15万ポイントが上限となっていましたが、今回の改正により、場所の制限が無くなり、上限の30万ポイントをもらうことが可能となりました。また、省エネ住宅と認められれば、建築済みの建売住宅を購入した場合にも対象となります。 また、従来ですと、もらったポイントのうち半分以上は、被災地の復興支援商品等と交換する必要がありました。これも今回の改正で廃止され、すべて一般的に使える商品券に交換することができますので、住宅エコポイントはより使いやすくなったと言えます。

リフォームでももらえます。

住宅エコポイントの特徴として、リフォームにも使えるということがあります。 リフォームで対象となるのは、窓や壁、屋根などの断熱改修のほか、太陽熱の利用システム、断熱浴槽などの3つ以上の設備を交換した場合になります。 また、こうしたリフォームに併せて、バリアフリーの改修行った場合には、これも対象となりますが、注目すべきは、耐震改修です。 昭和56年以前の建物は、現行の耐震基準で作られておらず、不安が残るところですが、これを現行の耐震基準に合わせる補強工事をリフォームにあわせて行う場合、住宅エコポイントを上限の30万ポイントよりさらに15万ポイントが上乗せされます。こうした工事には、補助金を出す自治体もありますが、これとの併用も可能となる場合がありますので、これを機に調べてみるのも良いのではないでしょうか。

住宅ローンの返済

任意売却は住宅ローンといった金融機関からの融資を返済できなくなった時にとる手段で、住宅を売却することで返済を行います。ローンの返済に充分に充てられる場合もあれば足りないこともあります。

» 詳細を確認する

マンションの査定額

マンションの売却を行うというときはまずは査定額について知る必要があるでしょう。この査定額を知る場合は専門の業者に依頼したりする必要があり、依頼にも料金がいくらかかかります。

» 詳細を確認する

» ページのトップへ戻る